給料日前はいつもカツカツ エポスカードでキャッシング

高校卒業後、親元を離れて大学へ進学し、親からの毎月の支援をもらいながら悠々自適な大学生活を送り、社会人になりました。

一部上場の会社に勤めていたにもかかわらず、飲み会ですぐにお金がなくなり給料日前はいつもカツカツでした。

そんな時期、マルイのエポスカードを作りキャッシングができることを知りました。また、三菱東京UFJ銀行の口座を作ったときに10万まで自動融資を受けることができるようにしていました。

お金を借りるのはいけないと思いつつも、ATMであまりに簡単に引き出せるので

「あと、1万。。」「あと1万だけ。。」と思いつつ借りていました。

給料日が来れば先月分の借金はもちろん返済していました。

そのうち、1、2万の服を買えばリボ払いにしたり、タクシー代が払えないからとすぐカードを使うのが日常的になっていました。

一番多い時でショッピングの返済額は20万、キャッシングで30万、銀行の融資で30万近く借金が膨らんでいました。

その間に、転職をして以前より手取りが減り、給料日がきても返済と住居費などで手元にのこるのは1万もない月が続きました。

カード会社から毎月送られる明細書をみると、リボ払いにしているローンの返済はほとんど手数料で、ちっとも借金が減らない状況でした。

例えば5,000円ずつ返済していても、そのうちの手数料が4,800円という状況です。

銀行の自動融資は、借りていくうちに限度額が10万円では足りなくなってしまい、30万まで金額を増やし、30万近く借りてしまっていました。

昼間の仕事が終わると、夜も会社に内緒でアルバイトをしていました。

そんな中、妊娠が発覚し、当時付き合っていた彼と結婚しました。

彼には借金のことを話すと怒ることなく返済に協力してくれました。

現在結婚3年目になり、親には内緒ですが結納金や結婚時に両親からもらったお金や失業給付金のほとんどを借金返済に費やし、毎月夫からもらうおこづかいも借金返済にあてて、やっとあと2ヶ月で全額返済することができます。

今思うとお金を借りることを甘く考えていた自分が情けなく、夫には頭があがりません、、

普通だったらもっと子供に貯金するべきなのに今貯金ゼロ状態です。

私は夫のおかげで返済することができましたが、一人でいたら未だに先の見えない返済生活を送っていたでしょう。

今ではキャッシングは絶対にしませんし、買い物はほぼ現金です。カードを使うときはとても慎重になりました。

簡単にお金を借りることはできますが、簡単に収入は増やせません。当たり前のことですが身をもって体験しました。

キャッシングをお求めの方はこちらからどうぞ

Copyright(c) 2013 キャッシングどうしても借りたい All Rights Reserved.